第10回大阪シラット練習会(2日目)にご参加いただきました皆さんありがとうございました

10550928_690529877701980_4249894153707282019_n

 第10回目の大阪シラット練習会にご参加いただきました皆さんありがとうございました。

 土日の両日とも参加人数が多く、合計人数が20人超えと過去最多だったかもです^o^。

 2日目の大阪シラット練習会では元々決めてあったカリキュラムに加え、リクエストいただきました相手の内側に潜りこんでからの技法をいくつか練習しました。

 シラットでは内側に入ってからのテクニックも多いですので時間の関係で三種類ぐらいしか出来なかったのが残念です(^^;。

 相手の攻撃を受けて内側に潜りこみ反撃するパターンとして「相手のフックを肘でブロックし、そのままショルダーロック」「相手の右フックを肘で受け、続けて左のフックが飛んできたのでこちらも肘で受け、そのまま肘打ちを連続」などのパターンを行ないました^ ^。

 あと「相手の左右のフックを肘で受けてクリンチに入り、膝を連打してから”ゲーブルグリップ”と呼ばれる強力なクリンチに切り替える」というパターンも行ないました。
 ゲーブルグリップに入ってからは相手を投げたり、振り回して壁や障害物にぶつけたりなど色々できます(^-^;。

 ただゲーブルグリップは頚椎を攻撃するかなり危険な技法ですので(レスラーやF1レーサーのようなぶっとい首をお持ちでない方は)練習の際はどうかご注意くださいまし^ ^。

 もちろんこれぐらいで首は折れないと思いますが・・。

 護身LABの時も話題に出ましたトイレなどの狭い空間で襲われた際の反撃法としてゲーブルグリップは重宝しそうです。
 バーンノーティスの第一話でも硬い物がいっぱいあるトイレは戦うのに適していると言ってましたっけ^ ^?

 そういえば007の冒頭のシーンでもトイレでの戦いがありました(格闘シーンは2分20秒ぐらいからです^^)。   
 若くて動きもキレキレな新生ボンドは戦い方に容赦がありません・・・(@-@;。  

 http://youtu.be/HNvzNWuzI9Y

 それで2日目の大阪シラット練習会では大人気(?)なガンディスアームも行ないました。

 さすがに国内で拳銃強盗に出くわすことはなさそうですが(というか…ないことを願いたい…T-T)、予備動作を最小限にして相手に読まれないようにする武術的な動きを身に付けるのに大変効果的です^o^。

 そういえば昔、ライフルのディスアームも教わりました。

 いやあ……ライフルを突きつけらるような状況にはできれば一生遭遇したくないです(T-T。

 *↓第10回大阪シラット練習会(2日目)の様子を写真に撮りました。 こちらの部屋は冷房がガンガン効きましたが、もうちょっと休憩の回数を増やしたほうが良かったかもです^ ^。

 10550928_690529877701980_4249894153707282019_n

関連記事

ページ上部へ戻る