相手を強制的に回転させる”WHEEL THROW” 10月7日の毎週火曜日シラット教室レポート

8-1024x768

 昨日(10月7日)の毎週火曜日シラット教室へご参加いただきました皆さんありがとうございました^o^。
 月の第一週目ということで基本を重点的に行ってみたのですが、かなり脱線している部分もありましたね・・・(^^;。

 KILAP(二人一組で行う最重要練習法)自体がとんでもなく膨大なパターンがあるのに”スイッチ”(左右の切り替え)まで含めるともう頭がいたくなりそうです・・・(T-T。  

 ↓KILAPのスイッチまで実演している動画です。解説はナシですが勘のいい方でしたら切り替えのパターンを掴んでいただけるかも・・・。
 

 
 ↓動きが派手なので人気のある”WHEEL THROW”(応用)の連続写真を撮影しましたのでまとめてアップいたします。

 1
 1.相手のパンチを叩くように受けます。

 2

 2.右手を下から差し込みます。

 3

 3.相手の腕を外にかき出します。

 4

 4.相手の内側に入りながら”髪をかき上げる肘”で鎖骨や脇に一撃いれます。

 5

 5.相手の腕と頭部を捕らえます。

 6

 6.太ももに膝を入れます。

 7

 7.相手の頭部を強制的に回転させるように自分のお腹の前を通過させます。

 8

 8.相手を壁や車、電柱などの障害物にぶつけます。

 9

 9.一目散に逃げます(笑)。

 ちなみに上記の技法は下記動画の43秒辺りで実演しています。

 

 静止画でみるのと動画ではまた全然印象が違うかもです^^。

関連記事

ページ上部へ戻る