ナイフディフェンスからの”WHEEL THROW” 10月14日の毎週火曜日シラット教室レポート

72

 昨日(10月14日)の毎週火曜日シラット教室へご参加いただきました皆さんありがとうございます。
 
 せっかくですので昨日はミットを使ってパンチを肘で受ける練習を多めに行ってみました。
 特にHAY MAKER(喧嘩フック)や掴まれた状態で相手がパンチしてくるのを受ける練習は大事かもです・・・。と思います^^。

 後半はナイフディフェンスをメインに基本的なディスアーム(相手の武器を奪う、あるいは弾き飛ばす技法)を行いました^^。

 相手のナイフを弾き飛ばす”STRIP”は綺麗にナイフが飛ぶと気分がいいです(^-^;。 
 もちろんかなり難しい技法ですので僕も失敗することはあるのですが・・・(;0;。

 あと”スネーク”(蛇のように腕を巻きつけて相手のナイフを奪う)はかなり芸術的な(?)動きなので初めてみるとびっくりするかもです^^。

 そういえば昨日はナイフディフェンスの練習なのに珍しく”リバース”(相手のナイフを文字通り相手にリバースする(笑))を行いませんでした・・。  なんだかんだでこれが一番実用的なような気がするのですが、もちろん実用したらお巡りさんに捕まります(^-^;。

 下記の連続写真は先週の「毎週火曜日シラット教室レポート」(http://www.urbansilat-blog.com/?p=1872)でも紹介しましたWHEEL THROWをナイフディフェンスの状況に使ったちょっとハリウッド映画的なコンビネーションです。
 最終的にはやっぱりナイフの刃を相手に”リバース”します(笑)。

 1
 1.相手のナイフ突きを受けます。

 2
 2.下から右手を差し込みます。

 3
 3.相手の腕を捕らえる形で前進し、鎖骨へ肘を入れます。

 4
 4.相手の腕全体と頭部を捕らえ、膝蹴りを入れます。

 5
 5.相手の頭を押し下げ、強制的に回転させます。

 6
 6.相手を地面に転がします。

7
 7.腕関節を”フィギュア4”の形に極めてナイフを相手に”リバース”します(^-^;。

 —–
 *注意:当会ではダークな技法や武器術の練習も行いますが、基本的に他人を傷つけることを良しとしてはおりません。

 暴力行為や女性に対するDV、幼児虐待には断固反対です。
 また、暴力描写やグロ表現も正直嫌いですのでご了承下さい・・。
 —–
 

関連記事

ページ上部へ戻る