カランビットのコンビネーション連続写真付き解説!!第11回大阪シラット練習会(2日目)レポート

63

 第11回大阪シラット練習会(2日目)にご参加いただきました皆さんありがとうございました^^。

 この日は前半はベーシックシラット、後半はカランビットという風に分けて行う予定だったのですが、その二つを交互に行うことでシラットの素手の技法と武器術の繋がりが見え、分かりやすいのではないかと思って即興で変更しました。

 下記の連続写真の画像は相手のフックを受けて内側から側面に移動し、カランビットで反撃するための一連の動きを示したものです。

 1
 1.相手のフックを肘で防御します。

 2
 2.相手の腕を右腕で内側に流します。

 3
 3.そのまま側面に移動します。

 4
 4.左手で相手の腕を押さえます。
 
 5
 5.そのままカランビットを振り出し。

 6
 6.後ろに回りこんで斬りつけます。

 ラストにはリクエストにより、一対複数の練習も行いました。
 複数の敵に挟まれてしまっては大変厳しい状況になるので出来るだけ自分にとって有利なポジションをとらなければいけないのですが、その状況でも使いやすい技法がシラットには揃っていたりします^^。

 特にショルダーロックは相手を様々な方向に移動させやすいので他の敵との間に移動させて盾にしたり、そのまま他の敵にぶつけたりなどがしやすく、重宝します^^。

 一対複数はずっと前からいつかは行う予定だったのですが、行わないままでした・・・。
 今回はリクエストいただきましたKさんありがとうございますm(-.-m。

関連記事

ページ上部へ戻る