「自分も相手もクルクル廻る(笑)ハリウッド映画的カランビット技法!」毎週火曜日シラット教室レポート

b1g244rcuaaswj1-jpg-large

 10月28日の毎週火曜日シラット教室へご参加いただきました皆さんありがとうございました。 
 この日は上級者編ということでかなり応用技法が多く含まれた練習内容を行ってみました^^。

 普段は行わない蹴りを含んだKILAPやかなり手数の多いバージョンなども行ってみたのですが、いかがでしたでしょうか^^?

 長いKILAPの一例として
 
 1:「相手のパンチをパリーするように受ける」
 2:「右手を下から差し込む」
 3:「相手の手首に右手を引っ掛け」
 4:「腕に肘を叩きこむ」
 5:「左手をカップ状にして相手の肘に添えるようにする」
 6:「相手の上腕に肘を入れて叩き折る」
 7:「左手で相手の肘内側を押さえる」
 8:「パンチを返す」

 上記のKILAPからさらに頭突きを加えたりショルダーロックにつないだりなどなどやたら長いパターンもあったりしますが、そこまでいくと長すぎてワケ分からんです(^-^;。

 ちなみにこちらの動画で長い複雑なKILAPのパターンを色々と実演しています^^。  

 「シラットの最重要練習法”KILAP”の様々なバリエーションを実演しました!!」http://youtu.be/gZ-Qf0NZp-8

 後半はカランビットの練習をメインにかなり久々の技法を行ってみました。
 相手を強制的に回転させ、自分もクルクル廻るカッコいい映画的な技法だったりします^^;。

 1
 1.相手のパンチを受けます。

 2
 2.カランビットで相手の喉を攻撃します。

 3
 3.そのままカランビットの背を相手の首に引っ掛けます。

 4
 4.そのまま相手の頭部を自分のお腹の前へ通過させ、強制的に回転させます。

 5
 5.相手は強制的に回転させられると同時に首筋が切れる形となります。

 6
 6.そのまま一目散に逃げます(笑)。

 ↓ちなみに上記連続写真の技法の動画版はこちらです^^。
 http://youtu.be/Gu9Si30XJhs

 B1G244RCUAAsWj1.jpg large
 ハロウィーンシーズンということでなんとブルースリーさんまで来て下さったのでした(@o@;。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る