「逆手ナイフのディスアームからの”アメリカーナ”」11月11日の毎週火曜日シラット教室レポート

img_6648-1024x768

 11月11日の毎週火曜日シラット教室へご参加いただきました皆さんありがとうございます。 
 
 第二週目ということでナイフディフェンスをメインに基本的なディスアーム技法を数種行いました^^。

 シラットのディスアームとして”ストリップ”(相手のナイフを弾き飛ばす)、”スネーク”(自分の腕を蛇のように巻きつけて相手のナイフを奪う)、”リバース”(文字通り攻撃してきた相手のナイフを”リバース”する(笑))の3種類が最も基本の技法となります。

 ただ、”ストリップ”や”スネーク”は若干難易度が高くて普段はあまり練習で行わなかったりします。 
 なんだかんだで”リバース”(文字通り攻撃してきた相手のナイフを”リバース”する(笑))が単純だけど最も実用的(?)なような気がして・・・。 

 まあ、実用したらマズイことになりますが^^;。

 下記連続写真の技法は逆手ナイフで攻撃してくるのをディスアームし、UFCでも大人気な”アメリカーナ”へとつないでいます。

 IMG_6640
 1.逆手ナイフで攻撃されました(T-T。

 IMG_6641
 2.振り下ろしてくるナイフを受けます。

 IMG_6642
 3.そのまま相手の腕に肘を叩き込みます。

 IMG_6643
 4.写真だと隠れて見えないですが、この時点で相手の腕が捻れてナイフがディスアームしやすい体勢になっています。

 IMG_6644
 5.右前腕でナイフを弾き飛ばします。

 IMG_6646
 6.上から肘を落として相手の腕を強引に曲げさせます。

 IMG_6647
 7.下から右手を差し込み、両手を組みます。

 IMG_6648
 8.そのまま相手の腕を極めた状態で地面に投げ倒します。

 

関連記事

ページ上部へ戻る