ラストの闘い以外は観るところナシ・・ アンノウン

unknown

 植物学者、マーティンハリス(リーアムニーソン)は国際学会に出席するため、妻のリズと共にベルリンに来ていた。

 ところが空港に荷物を忘れたことに気づき、急いでタクシーをつかまえて空港に戻ろうとするも交通事故に遭い、タクシーごと川に転落してしまう。
 
 タクシーの運転手(ダイアンクルーガー)によって救出されるマーティン。
 だが数日間の昏睡状態の後、目を覚ますと周りの人は誰も自分のことを知らず、しかも何者かが自分に成りすましていた・・。

 僕が勝手に師と仰ぐリーアムニーソン主演のサスペンス映画です。

 歳をとり、しかも巨大化したジェイソンボーンみたいだった「96時間」に比べ、本作はわりとアクションは抑え目なのでそれを期待して観ると肩透かしを食らうかもしれません。

 なんというか・・・面白くないことはないけどそんな特別面白くない・・みたいな・・。

 しかもオチが予想通りで、もうちょっとひねってくれてもよかったと思うのですが。

 リーアム師匠には申し訳ないけれどDVDで十分でかもしれません。
 
 それでもダイアン・クルーガーが出ているのはかなりツボでしたね。
 タンクトップ姿で乳首が透けているのはサービスですか?
 欧米の人って乳首が浮いてても隠さないと聞きますが、本当なのでしょうか?

 しょうもない話ばかりになってきていますが(笑)、ラストの格闘シーンは素晴らしかったです。元ボクサーだったリーアム師匠だけあってそれは見事なパンチを見せています。フックから肘へつなぐコンビネーションが特に見事です。

 ところでリーアム師匠ちょっと痩せました・・?
 そんなに身長があるのに痩せると貧相に見えて勿体ないっすよー(T-T。

関連記事

ページ上部へ戻る