「肘ブロックの様々なパターン」連続写真つき解説 第12回大阪シラット練習会後レポートその1

fullsizerender6

 遅くなりましたが、第12回大阪シラット練習会へご参加いただきました皆さんありがとうございます^^。 
 一日目はベーシックシラットをメインに所々ベラデリ(シラットの護身術)の技法を織り交ぜてみました。

 護身術のシチュエーションごとの対処法としてオーソドックスな胸倉掴み(腕を曲げて突き上げるような)への対処法^^。  

 ↓詳しくはこちら。  
 「胸倉つかみへの反撃からの”ヒューマンキャッチャー”連続写真つき解説^^」:http://www.urbansilat-blog.com/?p=2047

 腕を伸ばした状態の胸倉掴みへの対処法などを行ってみました^^。  

 ↓詳しくはこちら。  
 「腕を伸ばしての胸倉掴みへの対処法 連続写真つき解説」:http://www.urbansilat-blog.com/?p=2080

 それと今まであまりきちんと解説できてなかった”ガオチョイ”という特殊な拳を使った打撃についても細かく解説してみたのですが、いかがでしたでしょうか^^?  

 ↓”ガオチョイ”についての詳しい解説はこちらです。  
 「首絞めへの対処法 連続写真つき解説」:http://www.urbansilat-blog.com/?p=2090

 もちろん”ガオチョイ”はシラット特有のテクニックではなくて古今東西の数多くの流派に見られるものですが(^-^;。

 下記の写真はパンチに対しての肘ブロックの様々なパターンを実演したものです。
 特に決まった型があるわけではなくてパンチごとにアドリブ的に肘でブロックしています^^;。
 
 FullSizeRender
 1.ストレートパンチに対して両腕をクロスする形で肘ブロックしています。

 FullSizeRender2
 2.右フックに対して”髪をかき上げる肘”でブロックしています。

 FullSizeRender3
 3.左フックに対して”髪をかき上げる肘”でブロックしています。

 4
 4.左のフックに対して両腕をクロスする形で肘ブロックしています。

 FullSizeRender5
 5.ボディブローに対して両肘を真下に落として相手の拳を潰しています。

 FullSizeRender6
 6.ボディブローに対してお腹の辺りで両腕をクロスさせて肘ブロックしています。

 IMG_7029
 7.タイミングを見計らって前進し、”髪をかき上げる肘”で相手の鎖骨やアバラに一撃入れます。

 IMG_7030
 8.相手の腕と頭部を捕らえ、膝を入れます。

関連記事

ページ上部へ戻る