『「超強力な逮捕術技法”トライアングルロック”」』 シラット一般公開集中講座レポート2

img_0051-768x1024

 1月17日、18日に東京新木場にて開催しました「シラット一般公開集中講座」レポートその2です。

 ↓「シラット一般公開集中講座」レポートその1は下記リンク先をご参照下さい^^l。
 —–
 『「刃物を使った通り魔への対処法」連続写真つき解説』 1月17日、18日シラット一般公開集中講座レポートその1
 http://www.urbansilat-blog.com/?p=2290
 —–

 「シラット一般公開集中講座」2日目は前半はベーシックシラット、後半はカランビットを中心に行いました。

 クリンチのKILAPなどはここ数年やった記憶がないのですが(笑)、普段のKILAPパターンと比べるとだいぶ特殊なので面白いかもです^^;。

 それにしても・・・やっぱり時間的に長いっす(T-T。
 
 初期の頃は時間が長いほうがお得感があるかと思っていたのですが、ありがた迷惑な感じがしないでもありませんよね・・・。

 疲れやすいKILAP系や回転させる系の技法は序盤にしか持ってこないようにしているのですが、この日はそのルールを破ってしまいました^^;。

 ↓下記連続写真の技法は関節技のコンビネーションから”トライアングルロック”と呼ばれる強力な逮捕術技法へとつなぐパターンを実演しています。

 IMG_0042
 1.相手の左パンチを肘で受けます。

 IMG_0043
 2.右パンチを受けます。

 IMG_0045
 3.相手の右腕を捕らえ、肘を入れます。

 IMG_0046
 4.そのまま相手の腕を4の字に極める”フィギュア4”へとつなぎます。

 IMG_0047
 5.手を持ち替えます。

 IMG_0048
 6.相手の腕を背中側に極める”キムラロック”へとつなぎます。

 IMG_0049
 7.左腕を差し込み”ハンマーロック”へと切り替えます。

 IMG_0050
 8.相手の肘あたりに肘を垂直に落とします。

 IMG_0051
 9.相手の肘を自分の肘で圧迫しながら両腕を組み”トライアングルロック”へとつなぎます。

 IMG_0052
 10.相手を連行します^^。

関連記事

ページ上部へ戻る