『危険すぎる遊び「ノックアウトゲーム」への対処法』 毎週火曜日シラット教室レポート

11

 3月3日の毎週火曜日シラット教室へご参加いただきました皆さんありがとうございました^^。
 最近はアニメの影響もあってシラット人気が増してきているみたいで本当にうれしい限りです。

 下記連続写真では「ノックアウトゲーム」と呼ばれる危険な”遊び”への対処法を実演してみました。
 「ノックアウトゲーム」とは欧米諸国で問題になったのですが、ご興味のある方はネットで検索してみてください。

 もちろんこのようなことを遊び半分で行えば逮捕、起訴され、厳しい刑罰を科せられることは言うまでもありません・・。

 1
 悪党は正々堂々と正面から襲ってくるとは限りません・・・。

 2
 物陰に隠れて隙を伺い、気がついたら「ひでぶっ(T-T!!!」とされていることも・・・。

 3
 1.後ろから悪党が殴りかかってきました。

 4
 2.後ろを振り向き、”髪をかき上げる肘”で顔面をガードします。

 5
 3.相手のパンチを肘でブロックします。

 6
 4.ショルダーロックに入りながら鎖骨に肘を入れます。

 7
 5.そのまま膝を入れます。

 8
 6.突進し、相手を壁に叩きつけます。

 9
 7.両手をスライドさせながら側面に移動します。

 10
 8.相手の腰を押さえながら顎を打ち上げます。

 11
 9.相手の後頭部を壁に叩きつけます。

 12
 10.相手を突き飛ばします。

 13
 11.そのまま一目散に逃げます(笑)。

 今回はグッドエンドとバッドエンドの両方を撮影してみました(^-^;。

 背後からの攻撃を肘で防御してからリーアムニーソン先生お得意の”壁へ押し込むショルダーロック”へとつないでいます。
 それにしても後ろから襲うのは卑怯っすよ…(T-T。

 liamneeson
 ↑リーアムニーソン先生(62歳)もきっと喜んでおられます^^。

 

関連記事

ページ上部へ戻る