『「胸倉掴みへの反撃へ反撃されたら(笑)?」』 5月9日、10日「京都シラット練習会」レポートその1

5-1

 5月9日、10日開催の京都シラット練習会へご参加いただきました皆さんありがとうございます。
 京都の四条河原にある素晴らしいスタジオを利用できてうれしい限りです(T-T。

 僕がスタジオを間違えるという凡ミスを犯してしまって恥ずかしかったですが・・・。

 FullSizeRender
 連続写真では胸倉掴みへの反撃から相手を投げ倒し、踵で踏みつけるまでを実演しました^ ^。

 胸倉掴みへの返し技が通用しなかったので牛をも投げ倒せると言われる”バリオグポマリ”へとつないでいます。
 いやあ…とりあえず牛を投げ倒すのは無理だと思いますが^ ^;。

 CEmkzruUsAAv6nz

 バリオグポマリ単体だとこんな感じです^ ^。
 これで貴方もきっと牛を投げ倒せます(ただし、体重200kg以上で体脂肪率一桁の人に限る…(笑))。

 
 ↓バリオグポマリについての詳しい解説はこちらです^o^。
 —–
 『「前からのタックルを潰す”バリオグポマリ”」連続写真つき解説』 12月29日護身術ボランティア講習会レポート http://www.urbansilat-blog.com/?p=2211
 —–

 ちなみに胸倉掴みへの返し技が返されたので(笑)アメリカの総合格闘技で大人気の”アメリカーナ”へと切り替えるパターンなんてのも過去に連続写真で撮影しました^o^。

 CEm_HjYUIAANo-a

 アメリカーナは腕関節がおかしな方向に極められ、そのせいで身体が捻られてしかも後頭部から地面に叩きつけられる形で倒されるので受け身が取りづらく、大変危険な技法だったりします(T-T。

 ↓アメリカの総合格闘技で大人気の”アメリカーナ”についての詳しい解説はこちらです^o^。
 —–
「腕を伸ばしての胸倉掴みへの対処法 連続写真つき解説」
 http://www.urbansilat-blog.com/?p=2080
 —–

 ↓以下の連続写真では胸倉掴みへの返し技が通用しなかった際にバリオグポマリへとつなぎ、相手を投げ倒すまでを実演しています。

 1
 1.悪党が腕を伸ばした状態で胸倉を掴んできました(T-T。

 2
 2.両腕を絡めて相手の掴みを外しにいきます。

 3
 3.あれれっ・・・、相手の力が強すぎて外れませんでした・・・(;0;。

 4
 4.相手の腹部目掛けて膝を入れます。

 5
 5.顔面に肘を入れます。

 6
 6.水平に肘を入れます。

 7
 7.左腕を差し込みます。

 8
 8.相手の頭部を捕らえます。

 9
 9.そのまま下に引き下げます。

 10
 10.相手の頭部を強制的に回転させます。

 11
 11.そうすると相手が1回転する形で地面に倒されます。

 12
 12.上から踵で踏みつけます^^;。

 ↓こちらの記事は続きます。
—–
『「カランビットを巻きつけるように切り付ける”アップルカッター”」連続写真つき解説』 5月9日、10日「京都練習会」レポートその2
http://www.urbansilat-blog.com/?p=2839
—–

 

関連記事

ページ上部へ戻る