『「地面に蹴倒されてからの反撃」連続写真つき解説』 6月7日「名古屋シラット練習会」レポート

img_2672

 6月6日、7日開催の「第5回名古屋シラット練習会」へご参加いただきました皆さんありがとうございました。

 IMG_2760

 パンチを肘で受けて相手の拳を潰してしまう”肘ブロック”の練習としてミットを振り回してもらい、それを肘で受ける練習をアーバンシラット研究会では重視しているのですが、この日は後ろに壁があるという状況で行ってみました。
 やはり後ろに下がれないというのは厳しいっす・・・(T-T。

 CHmCHm6WgAAEf63
 思わずニコっとしてしまった所です(笑)。

 とりあえず相手のボクシング技術が高い場合は全部の攻撃を受けるということがほぼ不可能ですので出来るだけ有効打を減らしつつ、隙を見てショルダーロック、もしくはクリンチして相手の頭部を捕らえ、後ろにある壁に叩きつけるなどの反撃に出る必要があります。

 あとせっかくマットがあったので普段はほとんど出来ない寝技もいくつか行ってみました。
 シラット=寝技、というイメージがあるかどうかは分かりませんが(笑)寝技のバリエーションも相当に豊富だったりします^^。

 ↓以下の連続写真では蹴倒された状況から反撃し、相手の脚関節を固めて拘束するまでを実演しました。

 IMG_2671
 1.おーまいがっ・・・。思いっきり蹴りを喰らいました(T-T。

 IMG_2672
 2.地面に倒れながらも肘と膝で防御します。

 IMG_2673
 3.相手の蹴りを封じるために近づきます。

 IMG_2677
 4.相手の脚を捕らえ、そのまま前方向に転がるようにして地面に倒します。

 IMG_2679
 5.相手の爪先と踵を両手で挟むようにします。

 IMG_2681
 6.そのまま相手の足に”小手返し”をかけるように捻ってうつ伏せにひっくり返します。

 IMG_2682
 7.膝で体重をかけて圧迫し、相手の動きを封じます。

IMG_2685
 8.相手の両足を4の字に折り畳みます。

 IMG_2686
 9.脚関節を極めて押さえ込みます。

 IMG_2689
 10.別アングルから見るとこのようになります。

 IMG_2739
 ご参加いただきました皆さんありがとうございました^^。

 CGu-4j8VAAAoxji
 今回の名鉄ナナちゃんは落ち着いた色のドレスをお召しになられていました。
 

関連記事

ページ上部へ戻る