『「アッパーへの肘ブロックからのショルダーロック」』シラット5ヶ月集中コース最終回レポートその3

img_4269

 こちらはアーバンシラット5ヶ月集中コース最終回レポートその3です。
 前回までの記事は↓こちらをご参照下さい。
 —–
 『「ストレートパンチへの肘ブロックからのショルダーロック」連続写真つき解説』アーバンシラット5ヶ月集中コース最終回レポートその1
 http://www.urbansilat-blog.com/?p=3161
 —–
 『「フックへの肘ブロックからのショルダーロック」連続写真つき解説』アーバンシラット5ヶ月集中コース最終回レポートその2
 http://www.urbansilat-blog.com/?p=3177
 —–

 アッパーに対しても今までと同じように肘で受けてからショルダーロックへと入るのですが、上から下へと肘を落として相手のアッパーを潰すのでより協力となります^^。
 ちなみに連続写真ではショルダーロックして膝を入れるまでとなっておりますが、この先は膝を連続する、肘を連続する、相手を投げる、相手を地面に倒して拘束する、相手の関節を極めて連行する、相手を突き飛ばして壁へ叩きつける・・・などなど色々できます^^;。
 
 ↓下記連続写真では相手のアッパーを肘で受けてからショルダーロックへと入るパターンを実演、解説しています。
 IMG_4267
 1.アッパーを肘で受けます。

 IMG_4269
 2.顔面をガードしながら相手の腕を外にかき出します。

 IMG_4270
 3.突進しながら鎖骨、もしくは脇へ肘を入れます。

 IMG_4271
 4.膝を入れます。

 ↓続きはこちらです^^
 —–
 『「バックハンドへの肘ブロックからのショルダーロック」連続写真つき解説』アーバンシラット5ヶ月集中コース最終回レポートその4
 http://www.urbansilat-blog.com/?p=3192
 —–

関連記事

ページ上部へ戻る