『「奥襟を掴まれてからの反撃」連続写真つき解説』週末シラット体験練習会レポートその1

FullSizeRender (2)

 9月6日の週末シラット練習会へご参加いただきました皆さんありがとうございました^^。
 この日はわりと基本に忠実に行ってみたのですが、それだけだと面白くないですので(笑)応用技法も所々混ぜてみました。
 
 FullSizeRender (3)
 奥襟を掴まれた状況から肩関節を極める関節技へとつなぎ、後ろの柱に相手の頭をぶつけています^ ^;。
 両手を組んで肩関節を極めるこちらの関節技は珍しいかもしれませんが、ただ柔術で言う一本捕りの応用だったりします^o^。

 FullSizeRender (2)
 いくつか関節技をつなぎ合わせてコンビネーションを作っています^o^。

 FullSizeRender (4)
 相手の頭に脚を引っ掛けて投げ倒す変形プターカパラ(WHEEL THROW)へとつないでいます^o^。

 FullSizeRender (5)
 ちなみに相手をプターカパラ(WHEEL THROW)で倒してからは肘関節を膝で蹴り折り、顔面を踏みつける…というのが最も基本のパターンとなります。
 あまりにも殺伐とし過ぎていて最近は行なっていませんが^ ^;。

 ↓下記連続写真では奥襟を掴まれた状況から反撃し、様々な関節技や投げへとつなぐパターンを実演、解説してみました。

 IMG_4548
 1.悪党に奥襟を掴まれました・・・(T-T。

 IMG_4549
 2.相手の腕の下を潜り、側面へ逃げます。

 IMG_4551
 3、相手の腕を挟む形で両手を組みます。

 IMG_4552
 4.上腕を圧迫しながら肩関節を極めます。

 IMG_4555
 5.そこから違う関節技につなぎました。

 IMG_4559
 6.また違う関節技へつなぎました。

 IMG_4560
 7.頭の後ろに脚を引っ掛けます。

 IMG_4561
 8.脚で相手の頭を押し下げ、投げ倒します。

 IMG_4562
 9.肘関節を蹴り折ります。

 IMG_4563
 10.顔面を踏みつけます^^;。

関連記事

ページ上部へ戻る