『「棍棒による攻撃への反撃」』アーバンシラット5ヶ月集中コース最終回レポートその7

img_4301

 こちらは「アーバンシラット5ヶ月集中コース最終回レポートその7」です。
 珍しくスティックに対してのディスアームを解説してみました。

 スティックを振り回して鏡を割ってしまったり、ディスアームしたスティックが床に落ちて床を傷つけたり・・・などするとマズイですのでこういったスティックディスアームはほとんど行えないのが現状なのですが、ナイフディスアームよりもさらにスティックディスアームのほうが種類が多く、興味深いテクニックが多かったりします^^。

 ただでさえ種類の多いナイフディスアームよりさらに種類が多いなんて・・・(^-^;。

 ↓以下の連続写真では棍棒でバシバシ叩かれた状況からの反撃を実演、解説してみました。
 IMG_4292
 1.おーまいが・・・。悪党が棍棒で襲ってきました(T-T。

 IMG_4295
 2.最悪の場合はとりあえず頭を防御し、肩や背中などのお肉の厚い箇所で攻撃を受けます(痛いです・・・(;-;))。

 IMG_4296
 3.腕を伸ばし、スティックへ引っ掛けます。

 IMG_4299
 4.スティックへ自分の腕を巻きつけるようにします。

 IMG_4300
 5.そこから相手の腕の下を潜りにいきます。

 IMG_4301
 6.相手の腕を潜るとこのようにスティックを奪えます。

 IMG_4305
 7.奪ったスティックで脚に一撃入れます。

 IMG_4304
 8.距離を取って構えます。
 

関連記事

ページ上部へ戻る