R指定の西洋剣術ドラマ 「スパルタカス BLOOD AND SAND」

20130714155100

 トラキアの戦士達はローマ軍と合同でゲタイ人討伐に向かうが、野心のために人を利用することしか考えない副将グラベルはトラキアの戦士達の怒りを買い、反旗を翻されてしまう。 

 復讐のため、自分を裏切ったトラキアの戦士達を誘拐した副将グラベルは彼らを闘技場で戦わせ、見せしめに処刑する。 
 だが、グラベルの意図に反し、一人のトラキア人青年が4対1のデスマッチに勝利し、処刑を免れてしまう。

 トラキア人の青年は”スパルタカス”と名づけられ、剣闘士養成所のオーナーに奴隷戦士として買われる。 
 スパルタカスは同じくグラベルに連れ去られた妻スーラを救うため、剣闘士となって戦い続けるのだった。

 とてもゲームっぽいストーリーですが、西洋チャンバラ映画が大好きな僕としてはとても楽しみなテレビドラマシリーズでした。 
 ちなみに剣闘士は英語でグラディエーターと呼ばれますが、それはローマ軍の主要武器グラディウスからきているそうです。

 それで感想ですが・・・2話観ただけで挫折してしまいました(笑)。

 奴隷戦士として売られ、強制的に戦わせ続けられるという気の滅入るストーリーがやっぱりしんどいっす。 
 テレビドラマとは思えないほどグロシーンが多いのもきついものがありました(–;。

 まあ、でもやはり古代ローマを舞台にした話だけあって剣術はすごいしサービスシーンも満載(笑)なのでグロくて重いストーリーに耐えられる人でしたら観る価値は十分にあると思います。

関連記事

ページ上部へ戻る