『「カランビットのコンビネーション変化と応用」』毎週火曜日アーバンシラット代々木教室レポート

img_53481

 10月27日の毎週火曜日アーバンシラット代々木教室のレポートです。
 この日は第4週目ということでカランビットがメインテーマだったのですが、それだけでなく”色々”行ってみました^^;。

 なんだか色々やりすぎてまとまりのない練習になってしまいましたが、たまにはこういうのもいいですよね・・・たぶん・・。
 最近はいつもこんな感じのような気がしますが(^-^;。
 
 ひとつの攻撃を受けられてから変化し、別の技法につなぐパターンがシラットでは豊富なのですが、↓下記連続写真では基本の”ショルダーロック”から相手の懐に潜り込んで肘を連打する”キンジャプターカパラ”を組み合わせ、一つの技法から別の技法へとつなぐ応用変化としてお見せしています。

 IMG_5327
 1.相手のフックを肘で受けます。

 IMG_5328
 2.相手の腕を外にかき出しながら突進します。

 IMG_5329
 3.腕全体と頭部を捕らえます。

 IMG_5330
 4.膝を入れます。

 通常はここから相手を投げ倒したり喉を切りつけたりするのですが、こちらの連続写真ではそこから相手の反対側の側面へと抜けてのパターンへつなぎます。

 IMG_5331
 5.サイドステップします。

 IMG_5332
 6.”髪をかき上げる肘”で相手の顔面を打ちます。

 IMG_5348
 7.カランビットを振り上げます。

 IMG_5336
 8.相手の首筋目掛けてカランビットを振り下ろします。

関連記事

ページ上部へ戻る