小手返しのポイントとディスアームついての解説記事です^^

fullsizerender-27

 合気道や古流柔術で頻繁に登場する小手返しについての解説です。

 csuat_vvuaapehn

 こんな風に小手返しの形に固定しておいてからナイフをディスアームするパターンがあるのですが、普段あまり行なっていないかもです^o^;。

 ちなみにシラットでは相手の小さい関節を攻撃するということをあまりせず、どちらかというと大きい関節(肩関節や頚椎など)を攻撃するのが主体ですので小手返しなどの小さい関節を攻撃する技法はさほど練習しなかったりします・・・。

 csuy3vcusaavikj

 相手の母指球へ中指と薬指のみをひっかける、親指が相手の小指と薬指の間にくるようにする、手のひら全体をしっかり密着させる…というのが小手返しの基本となります^o^。

 csubtrvusaecqok

 ”マジックナックル”と呼ばれる中指の拳骨へ親指をおいてかける小手返しもあります^o^;。

 ちなみに相手の手の甲にしっかり手のひらを密着させることがものすごく大事だと思うのですが、皮膚をスライドさせるようにすると手のひらを密着させやすくなります^o^。

 と書いても文章だけでは分かりにく過ぎますが…^ ^;。

 それで小手返しが掛からなくても肘などの打撃へつなぐ、フィギュア4へ切り替える、アメリカーナへ切り替える、肘関節を極めにいく、ナイフを相手へ”リバース”する…などなど小手返しから別技法へとつなぐことも比較的容易ですので技が通用しなくても冷静に切り替えられるようにする練習を積んでおくことをアーバンシラットでは重要視しています。

関連記事

ページ上部へ戻る