ELBOW DESTRUCTION(肘ブロック)のパターンの解説と写真です

FullSizeRender (29)

 相手の攻撃を肘で受けて潰すELBOW DESTRUCTION(肘ブロック)のパターンを写真で解説いたします。

 C2IqX36UUAAGldY

 基本的な”髪をかきあげる肘”のポーズです^o^。
 急所が集中している鼻から下や耳をカバーし、肩や首をすくめてガッチリとガードします。

 出すのに時間を要する反面、防御力は高めなのですが、ちょっとでも隙間が空いていると強いパンチを受けきれないですので出来るだけ隙間をなくすことが大事です^ ^。

 ちなみに両手を使えない状況では片手で髪をかき上げるようにしてブロックすることも出来ます。

 C2IsX3zVQAAOAyK (1)

 ”髪をかきあげる肘”のポーズを横から見た所です。

 状況によって手の位置は柔軟に変えますが、基本的に手と前腕で耳をカバーします^ ^。

 でないと耳にパンチを喰らったりして痛い思いをします…(T-T。

 C2Iw086VIAADaby

 海外の武術で”ペンサドール”(考える人)と呼ばれるポーズです^o^。
 不意打ちを受けた際に身体がすくんでも反射的に取りやすいポーズでかなり有効な防御法だと考えています。

 もちろん防御だけでなく、このまま突進して相手を吹き飛ばすこともできます^ ^。

 また、両腕を無茶苦茶に振り回されてどうしようもなくなった際はこちらのポーズで相手の大腿部に両肘を落とすようにして動きを止めるという使い方も出来ます。

 C2Izt37UAAA96F5

 肘でパンチを受けながら空いているほうの手で押さえるようにします^ ^。

 こちらは僕の大好きな肘ブロックのパターンなのですが、”髪をかきあげる肘”や”ペンサドール”よりも素早く出せるので重宝します^o^。

 C2I3MYhUsAA2xRQ

 不意打ちパンチを受けた際に他の肘ブロックのパターンでは時間がかかりすぎることがありますのでその際は素早く出せるこちらの肘ブロックで受けます^o^。

 顔の急所の大部分をカバーできるのも利点ですが、防御力は低めなため強いパンチを受けると吹き飛ばされる危険性があります…(T-T。

 ちなみにどの肘ブロックも肩や首をすくめ、顎や頰をガッチリ肩や肘などにくっつけて出来るだけ隙間をなくします。
 あとこちらは全て顔面パンチを想定しての受け方ですが、ボディへきた際は上から肘で潰すように受けます^o^。

 C2JRyyTUQAEmdQi

 生徒さんからいただいたキックミットです^o^。

 振り回すと非力な人でも体重が軽くても殺人パンチ(笑)が打てるので肘ブロックの練習に重宝します^o^。

 いやあ、こちらのキックミットを持ってパンチを打っていただくとガードの上からでも脳に響きます…(T-T。

 FullSizeRender (29)

 ・前から突き飛ばすように押される
 ・大振りケンカフック
 ・胸倉掴み

 上記の三つが実際の状況ではとても多いのですが、毎週火曜日の教室では前半一時間かけてこれらの攻撃への肘ブロックからショルダーロックへとつなぐパターンを様々なシチュエーション交えて重点的に練習しています^^。

 ちなみに繰り返しになりますが、上記のどの攻撃も実際にはとても対処が難しい(特に掴まれるのが怖いです・・・)ですので甘く見ると大変だったりします(T-T。

 あと前から突き飛ばすように押してくる、胸倉へ掴みかかってくる、ボコボコ殴られる・・・というように複数の技(?)をつないできたりしますのでそうなると最悪です・・・。

関連記事

ページ上部へ戻る