自閉症の会計士がジェイソンボーンだった・・・「ザ・コンサルタント」感想レビュー

IMG_3168

 観てから三週間ぐらい経ってしまいましたが、ベンアフレックの「ザ・コンサルタント」の感想レビューです。
 劇中のアクションにはシラットを使用していると全面的に公言している話題の映画なのですが、こういったジェイソンボーン映画の中では最も身体がデカくて最もカッコいいかもしれません^ ^。

 デンゼルワシントンがジェイソンボーンを演じる「イコライザー」やリーアムニーソンがジェイソンボーンを演じる「96時間」ほどにはダークではないですので家族揃って安心して観れます、たぶん・・・^^;。

 C3BrzEJUUAAZyxX

 狙撃の音が凄くて終始ビビリまくりでしたが…(;-;。

 FullSizeRender (30)

 それにしてもベンアフレックにリーアムニーソン、デンゼルワシントンとハリウッドでシラットを含めた東南アジア武術を駆使する俳優さんは長身、巨体な方々が多くないですか…^ ^;?

 IMG_3373

 ↑リーアムニーソン先生が実演されているようにシラットでは相手の頭部をコントロールする技法が多く、どうしても巨体がモノを言う部分はあるかも…。

 欧米の武術では「頭が向く方向に身体がついていく」という極意(?)が標語のようになっていたりしますが、頭部を捕らえることは相当に少ない力で相手をコントロールできる大変に優れたテクニックなのです。

 ただ問題は身長差があり過ぎると相手の頭に手が届かないという・・・(T-T。

 それでもリーアム先生の超ミニチュア版な僕でも背の高い相手の頭部を捕らえるテクニックがあったりして教室でもたまに練習します^o^。

 IMG_3175

 「ザ・コンサルタント」に話を戻します^^;。

 ストーリーはいくつもの話を交錯させて一見複雑そうに見えますが、弱そうな自閉症の青年がジェイソンボーンだった・・・みたいな王道の展開に落ち着きます(笑)。

 あと肝心のシラットアクションですが、大男をベルトでグルグル巻きにするシーン以外はいかにもシラットというような描写が出てこないのでシラットアクションを期待すると物足りないかもしれません。

 とりあえずベンアフレックが巨体なので熊がガァーって襲い掛かる、いつの間にか敵さん熊に食べられる・・・みたいな感じです(笑)。

 IMG_3165

 それにしても映画が始まるまでベネディクトカンバーバッチのドクターストレンジの予告編が過剰に繰り返されていて…^ ^;。
 カンバーバッチファンとしては嬉しい限りですが、そうでない人にとってはちょっとしつこ過ぎたように思います^o^;。

 IMG_3321
 
 あとコンサルタントではせっかくなのでボスキャラの”社長さん”↑もベンアフレックと殴り合って2m近い長身で圧倒して欲しかったですが、やっぱりまだ44歳の若造と戦うのは無理があるかも…^ ^;。

 IMG_3216

 もちろん今度はベネディクトカンバーバッチのドクターストレンジも必ず劇場で観ます。
 ナンパ師の多い名古屋の栄でこのような↑白デニムのチャらい格好をするのは怪しさ満天なのでやめましょう(^-^;。

 C3bAfLoVcAAgEPU

 ちなみに上記のドクターストレンジとの記念撮影が納得いかなかったので後日、名古屋の栄まで再び撮影しに行ったらドクターストレンジが消えていました…(;-;。

関連記事

ページ上部へ戻る