”スティック対スティックのディスアーム”連続写真つき解説「10月31日ダブルスティック特別クラス」レポート2

IMG_7549

 こちらは10月31日に実施いたしました「ダブルスティック特別クラス」レポートその2です。

 本来でしたらご参加いただいた皆様の様子を写真に取り、アップする予定だったのがついつい撮影を忘れていましたために急遽このような技の連続写真デモンストレーションになりました・・・^^;。

 *職業上やその他都合により写真撮影や動画撮影NGの方はお気軽にお知らせ下さい。けして写らないようにいたします。

 ちなみに名古屋でもシラットのスティック技術をメインテーマとした「ダブルスティック特別練習会」を実施いたしますのでそちらもよろしくお願いします。
 —————————-
 名古屋にて「ダブルスティック特別練習会」11月11日(土)、12日(日)
 http://urbansilat-website.com/custom43.html
 —————————-

 ↓以下はスティックでスティックをディスアームするテクニックの一例です。

 IMG_7531
 1.相手のスティック攻撃を受けます。

 IMG_7549
 2.手首を返し、反対側から相手の側頭部を打ちます。

 IMG_7550
 3.滑らすように相手のスティックを下に下げます。

 IMG_7551
 4.左手で相手のスティックを摑みます。

 IMG_7552
 5.自分のスティックの先を相手のスティックの柄に引っ掛けます。

 IMG_7556
 6.そのまま左右に開くようにすると相手のスティックをディスアームできます。

 IMG_7558
 7.奪い取ったスティックで相手を攻撃します^^;。

 若干高度ですが、技術自体は梃子の原理を利用した大変に単純なものです。
 ちょっと頭を使いますので出来ると謎かけが解けたかのようで楽しいと思います^^。

 あと全然関係ない話ですが(笑)、冬に白いズボンを履いてはいけない・・・というファッションルールがあるらしいです^o^;。

 IMG_7553

 冬は雪が降ることが多く、雪道を歩くときに泥が跳ねて汚れが目立つからだと聞きますが、とりあえず千葉ではあまり雪降らないから関係なさそうです^ ^。

関連記事

ページ上部へ戻る