連続写真つき解説:胸倉つかみへの反撃からのコンビネーション

DfP_JzlU8AAyE9F

 わりとありがちな胸倉つかみへの防御と反撃です。

 今回は左手で胸倉を攫みながら右手でパンチしてくるおバカさんへの対処法を連続写真で撮影しました^o^。

 胸倉を掴まれたので相手の攻撃を肘で受けながら掴んできているほうの腕へ肘を落とし、ショルダーロックへ入ってからの膝、腕を叩き折り、突き飛ばすまでの一連のコンビネーションとなります。

 ただ連続写真だと簡単そうに見えますが、胸倉つかみは理にかなった恐ろしい攻撃ですので甘く見ては絶対にいけませぬです。

 特に「胸倉を掴んできているほうの拳でボコボコ叩いてくる」「摑みながら振り回して壁に叩きつけてくる」「引き込んで頭突きしてくる」などの攻撃と併せられると悲惨だったりします(T-T。

DfuuTGQU0AAGmSf
 1.悪党が胸倉を掴んで殴りかかってきました。

 Dfuuw8eUwAAHL2w
 2.パンチを肘で受けて拳を潰します。

 Dfu2B8JUEAIadSx
 3.掴んできている相手の腕や鎖骨、顔面へ肘を入れ続けます。

 Dfu2XkEU0AAF53r
 4.相手が怯んだところで腕を外へかき出します。

 Dfu2vm_UwAAWTVE
 5.ショルダーロックへ入りながら突進するように鎖骨へ肘を入れます。

 Dfu7gycUwAAk0FB
 6.相手の頭部をコントロールしながらバランスを崩します。

 Dfu74aiUcAAdl9Z
 7.大腿部へ膝を入れます。

 Dfu8xM7VMAYWEZF
 8.逆関節になっている相手の肘関節を叩き折りにいきます。

 Dfu9eR4VMAAonob
 9.大腿部へ肘を落として突き飛ばします。

関連記事

ページ上部へ戻る