護身用具”クボタン”に関する小ネタ


 今週末7月13日の東京シラット練習会(http://www.urbansilat-blog.com/?p=765)のメインテーマがクボタン、ということでクボタンに関するちょっとした小ネタです。

 cellphone

 家電量販店や携帯電話ショップにおいてある「モック」と呼ばれるディスプレイ用の携帯電話。
 これをクボタン代わりに使うことができるのではないかとある日思いつきました(笑)。

 本物の携帯電話をクボタン代わりに使うと相手に奪われてしまった場合に個人情報まで奪われてしまいますが、「モック」ならその心配もありません(笑)。
 
 cellphone2

 紺色の「モック」です。
 この方が服の色と合わせやすく、隠し持ちやすくてイイかもしれません^^;。

 cellphone3

 ↑こんな風にです(笑)。

 
 「モック」は秋葉原などの電気街で1000円前後にて販売されていたりしますが、携帯電話ショップに行くと無料でもらえます。
 親切な店員さんだとたくさんある種類の中から選ばせていただけるので自分の手のサイズにあった使いやすい「モック」が手に入ります。

 でもどうして「モック」が必要なの?と聞かれたときのための言い訳は用意しておいたほうがいいかもしれません^^;。
 「いやあ、子供のおもちゃ用に欲しいと思いまして」(子供いないですが・・(笑))。

 ↓こちらのHEAVEN6と呼ばれる型は通常はスティックを持って練習しますが、クボタンなどを持った状態でも全く同じパターンが使えます。
 海外のフィリピン武術の団体さんでHEAVEN6をベースに様々な武器術を教えている所があるぐらいです^^。

 

関連記事

ページ上部へ戻る